腕のいい歯医者の見分け方とは

歯医者と衛生士

腕のいい歯医者の見分け方には基準が特にありません。
徹底的に歯磨き指導をして、歯茎などのグラつきや歯垢の残り方を記録して、磨き方を提案してもらえると、歯槽膿漏などを予防することができます。
歯磨きを教えるのは時間がかかるのですが、クオリティの高い技術を持っている歯医者ではまず最初に患者に指導をします。

最近は、歯が痛くなってから歯医者に通院してコンビニのように利用する人が多くなっています。
本来は定期的に歯石を除去したり、歯茎の状態を把握するために、3ヶ月に1度の感覚で通院することが推奨されています。
コンビニ的な歯医者と腕のいい歯医者の見分け方は一番重要な歯磨きを基準にするとわかりやすくなります。

技術力は個人差がありますが、素人が見て簡単にわかるものではありません。
複数の歯科医院に通院をしてから、気がつくことが多いので、虫歯や歯槽膿漏が悪化してしまう可能性もあります。
虫歯に関しては、削れば良くなりますが、歯肉炎や歯槽膿漏は予防歯科が非常に大切です。

予防ができていないと、歯垢が歯石になり、歯肉炎が歯槽膿漏になります。
とくに小さな頃から虫歯がなく、歯磨きを適当にしてきた中高年に多いとされています。
歯磨き教育を受けていない人は、歯と歯茎の境界線をしっかりと磨くことができないので、若い頃から歯肉炎にかかり、その症状が中高年になると急激に悪化します。

歯石除去をすると歯肉炎も改善するので、歯を守るためにも最低でも半年に1度は歯科医院に通院することが良いとされています。
徹底的に歯磨きをしても全ての歯垢をなくすことはできません。
そのためにデンタルフロスや糸ようじなどを使い歯垢を除去します。

腕のいい歯医者にいくと、フロスの使い方も指導してもらえるので、歯肉炎を予防することができます。
歯肉炎にならなければ歯槽膿漏にもならないので、まさに一石二鳥です。
歯槽膿漏は歯肉炎が進行して、歯の根元を支える部分の骨が溶けてしまうので、一度なると完治させるのが非常に難しくなります。

症状が重くなると口臭もかなりひどくなるので、外出をするのが億劫になることもあります。
高齢者になって、入れ歯や口臭が原因で外出をしなくなることも多く、うつ病を発症する原因にもなります。
また口腔内の衛生状態が悪いと、糖尿病や心臓病になりやすくなることが知られています。
定期的に歯医者に通い、歯石除去をしないと健康寿命にも大きな影響を及ぼします。